「ダニエルウェリントン」はペアリングもおしゃれ!全シリーズ&サイズの測り方

目次

ダニエルウェリントンのペアリング!どんなアレンジで楽しむ?

画像

ダニエルウェリントンのリングは、腕時計や他のアクセサリー同様にペアグッズとしても人気です。同じシリーズを選び、お互いのファッションに合わせて色違いにしたり、同じシリーズで、同じサイズのもので、着ける指をそれぞれ変えるのもおしゃれな楽しみ方。初めてのペアリングなら、細身で着け心地の良い「CLASSIC RING」がおすすめ。すでに腕時計をペアでお持ちなら、その腕時計に合うリングをセレクトするのも良いですね。

ダニエルウェリントンのペアリングにはどんなシリーズがあるの?

ダニエルウェリントンのペアリングは、全部で4シリーズ。いずれもロゴが表面にあしらわていてスタイリッシュなデザインです。比較的細身でシンプルなものと、エナメルが焼き付けてあるものを3色展開。ベースの色味はローズゴールドとシルバーから選べるものもあるので、同カラーや色違いなどペアリングにするなら色々なバリエーションから選ぶことができます。また特徴的なのは豊富なサイズ展開。細身の「CLASSIC RING」は12サイズから選べるので、着けたい指に合わせたり、幾つかの指に着けることが可能です。

CLASSIC RING|合わせやすさが魅力のシンプルリング

ダニエルウェリントンの他のリングに比べると細身のシルエットで、さりげなく着けられるのが特徴です。色は、ローズゴールドとシルバーの2色をご用意。ペアリングにするなら、同カラーでも色違いでもどちらでも楽しめます。

肌馴染みの良いローズゴールドは女性に人気のカラー。ベージュや暖色系のファッションによく合います。シルバーはクールなイメージなので、モノトーンなど寒色系のファッションがお好きな方におすすめです。

Daniel Wellington/ダニエルウェリントン
CLASSIC RING

CLASSIC RING SATIN WHITE|ファッションのアクセントに

細身の「CLASIIC RING」と比べると、少し幅広のリングです。さりげなく着けるというよりも、ファッションのアクセントとしての存在感を発揮します。こちらは、ホワイトのエナメルが焼き付けてあるデザイン。ベースのカラーはローズゴールドとシルバーの2色から選べます。

ペアリングにする場合、シルバーとゴールドの色違いにしたり、「DUSTY ROSE」「DESERT SAND」を含めた4種類からそれぞれのカラーを選ぶのもおすすめ。

Daniel Wellington/ダニエルウェリントン
CLASSIC RING SATIN WHITE

CLASSIC RING DUSTY ROSE|肌馴染みの良い上品なローズカラー

こちらも幅が広めのリングです。エナメルの色は大人の女性に合う「Dusty Rose」、少し落ち着いたピンクになっています。リングのベースになっているローズゴールドと同様に肌馴染みの良いピンクで、存在感がある中にも可愛らしさを求める女性にぴったり。

ユニセックスなデザインなので、もちろん男性にもおすすめ。「DESERT SAND」のカラーとペアリングにしたり、細身の「CLASIIC RING」との重ね着けも楽しめます。

Daniel Wellington/ダニエルウェリントン
CLASSIC RING DUSTY ROSE

CLASSIC RING DESERT SAND|大人カップルにおすすめのエレガントさ

エナメルが焼き付けてあるシリーズの一つです。「DESERT SAND」と名のついたグレーの色味が、少し主張の感じる大きめのリングに、上品さをプラスしています。

グレーという色味から男性向きのイメージを受けますが、大人の女性にこそおすすめ。カップルでペアリングにするなら同じカラーをセレクトするのも素敵です。時計と合わせるなら、白との相性が良いので、フェイスやストラップを白にして、ハイセンスなおしゃれを演出しましょう。

Daniel Wellington/ダニエルウェリントン
CLASSIC RING DESERT SAND

役立つ!リングサイズを簡単に測定する方法

自分のリングサイズを測定するなら、メジャーを指に巻き付けて円周を計測し、サイズ比較表と照らし合わせるのが一番簡単。メジャーがない場合は、紙を巻き付けそれを定規などで測っても。大切なのは、指が一番太くなっている一日の終わりに計測することと、リングを着けたい指で必ず測ることです。また、記念日などにプレゼントを贈りたい場合は、相手が今着けている指輪の直径を測り、サイズ表で確認すれば可能。幅広のリングの場合は、少し大きめのサイズを選ぶことも推奨していますので、注意して選びたいですね。

目次
閉じる